• Kumarks

La Festa Mille Miglia 2017


今年の週末は本当に雨が多いですね。

そんな天候に恵まれない先週末、お客様とラ フェスタ ミッレミリア2017へ参戦して参りました。

今回のイベント概要はコチラ→【La Festa Mille Miglia 2017】

起源はさかのぼること90年、イタリア北部の都市ブレシアからローマへ南下し再びブレシアまでの1000マイル(Mille Miglia ミッレミリア)を当時の最新技術で造られた欧州車たちが時間を競うタイムレースでした。

90年という歴史の中で時代と共に安全性の問題や、古い物に敬意を示すといった主旨へと変わり、社会情勢等で開催されない時代も経て、現在では毎年初夏のイタリアで行われるクラシックカーラリーとして世界中のクラシックカー愛好家憧れのイベントとなっています。

そんな歴史あるイベントの正式な日本版として今年で20周年を迎えた今回、参加させていただく機会を得ることができました。

イベントは明治神宮スタートという事で名古屋から参加する為都内へ前日入り。

停めた駐車場ナンバーが縁起の良い事♪

これは明日から良い事あるかも??と意気込んで当日朝を迎えます。

天候は残念ながら予報通りの雨…とは言え小雨で良かった。

明治神宮内の待機所で大会主催者スタッフ様に車検を実施していただき、ゼッケンをいただき車に貼り付け、正午のスタートを待ちます。

古い車は1900年代初期から1970年代まで100台以上のクラシックカー達がスタートに向けてずらりと並びます。

この天候には厳しい屋根なし幌なしの車も沢山エントリー!車も傘をさしてスタートの時を待ちます。

ラリーが始まるとこの様に指定された交差点や距離を記載したコマ図と呼ばれる指示書を頼りにラリーの順位を決める数種類のイベントが行われます。

初日は都内から新潟の湯沢温泉まで。

都内は大渋滞、途中経由する群馬では山中で日が暮れ、濃い霧に見舞われ、古い車の暗いライトで必死に走って何とか無事到着。

2日目の朝を迎えます。

本日はギリギリ雨も降らなそう??な天気。

2台目の赤いアバルト750GTはイタリア人以外で初めてフェラーリをデザインした男として有名な工業デザイナー”ken okuyama”さんのお車。

昨年もこのイベントを同じ車で出られていて、お見かけした際ミーハーに握手していただきました。笑

ポルシェ好きな私的にこのイベントで一番のお気に入り

1951年 PORSCHE 356 PRE-A

ごく初期の356でドア内張りにウッドが使用されていたり、シートが後の356より随分クッションの分厚い物だったり、テールランプも左右にひとつづつしかなかったり、探すと普通のPRE-Aとは違うところが随所に見られ、説明しだすとキリがありませんので次へ…

何とか雨にも降られず、歴史ある温泉街を通ったり

ACカーズのオープンとクーペで並んでみたり

特別ゲストの女優”羽田美智子 ”さんがドライブする日本には正規物で数台しか入らないんじゃないか??って噂の991後期型タルガ4 GTS(※マークスには来年中に入庫予定ですよ♪)を写メしてみたりして無事2日目も終了♪

3日目は軽井沢から箱根まで、雨や濃霧の中を走り抜けたため写メし忘れ…

4日目

本日も雨、、、

湘南から横浜経由で湾岸線を抜け、最近話題の豊洲や築地を抜けて銀座4丁目交差点

日本橋を抜けて

4日間最後のスタンプポイント日本橋三越前をクリアし無事スタートの地明治神宮へゴール!!!

クラシックカーにはとても厳しいコンディションでしたがトラブルなく無事ゴールまで僕らを運んでくれた車に感謝しつつゴールゲートをくぐります。

このイベントにお誘いいただいたお客様や車の準備に関わっていただいた方々、運営スタッフの方々、沿道の観客の方々、全ての方に感謝です。

#ラフェスタミッレミリア #LaFestaMilleMiglia #ACACECA #クラシックカー #MilleMiglia #ミッレミリア #ブレシア #ポルシェ #356 #PreA #ACACE #taruga #タルガ #GTS

0回の閲覧

2-190 Uchide Nakagawa-ku Nagoya JAPAN
TEL 052-720-0985  FAX 052-720-2084

2016 Copyright © MARKS NAGOYA Co,. All Rights Reserved.